整備事例|クラッチ交換修理【ホンダ|シビック】

Pocket

クラッチの滑りが起きてしまったとのことで、クラッチ交換修理のご依頼です。
車種はホンダのシビックです。

クラッチの滑りとは?

エンジンの回転数が上がるが進まない、クラッチが切りにくくなったとき、ギアが入らなくなる、などが起こったらクラッチの滑りを疑いましょう。
クラッチの滑りは、主に、クラッチ盤の減りや半クラ状態の多用によって起こりやすくなります。

作業の流れ

作業内容としましては、トランスミッションを外し、クラッチ盤とクラッチカバーの交換を行っていきます。

クラッチの滑りの予防方法

クラッチの繋ぎを丁寧に行うことで長持ちさせることができます。
他にはクラッチをこまめに調整することでクラッチ盤を長持ちさせることができます。

クラッチの滑りは人によって様々、2万kmで滑りだしてしまう人もいれば20万km持つような方もいます。

K様、これからも愛車を大切になさってください。
この度は、シンフォニーステーションにクラッチ交換をご依頼頂きありがとうございました。

修理・整備・車検ならシンフォニーステーション!

当社の強みのひとつに国土交通省から認証を頂いている分解整備工場、という面ございます。
日頃の点検から少しでも調子悪いと思ったとき、なんなりとお申し付けください。

---046-271-6330----

シンフォニーステーションが選ばれる理由


86項目点検】
当社では通常の中古車を当社認定中古車にするために86項目もの点検整備を行っており、徹底的な点検はお客様の安心のため、そして、安全のためでもあると考えています。
全ては、お客様に安心安全なカーライフをご提供するためです。
私達は妥協を許しません。

充実の整備保証】
関東運輸局認証整備工場の当社では認証工場での作業に安心の整備保証がついています。
整備保証とは、点検等を実施した箇所に、万が一整備作業が原因で不具合が生じた際、一定の条件の下に認証工場が責任を持って保証する制度です。
詳しくはお問い合わせくださいませ。

万全の整備体制】
常に相当数の車両を整備しています。個体差によるコンディションの違いから整備の進め方も変わってきますし、必要であればエンジンオーバーホールや乗せ換えも行います。経験と知識、技術に関するノウハウが当社の強みです。県内のお客様から遠方のお客様までご入庫頂けるよう代車もご用意しております。

安心してご使用頂けるよう万全の体制で整備しておりますので是非お気軽にご相談ください。

 

お見積・ご相談はこちら

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。