板金塗装事例|全塗装【スバル|レヴォーグ】写真多数有!

Pocket

神奈川県にお住まいのH様より、全塗装をご依頼くださいました。
車種はスバルのレヴォーグです。

全塗装依頼の経緯

ネット検索で当社を見つけてくださり、お問い合わせいただきました。

お持込いただいた状態のレヴォーグです。

少しパーツを外し始めていますが、こちらがお持込いただいた状態のレヴォーグです。

作業の流れ

こちらのブルーもとても綺麗なお色ですが、オーナー様のご希望でポルシェの深みのあるグリーンへとイメージチェンジしていきます。
まずはパーツを外していきます。

パーツを外していきます

この段階で凹みの補修などもしていきます。
続いてサンドペーパーで塗膜を丁寧に削っていきます。

続いて塗料がかかってはいけない箇所にマスキングをしていきます。

ある程度マスキングが終わったところで塗装ブースに移動し、足回りも丁寧にマスキングしていきます。

全てのマスキングが完了しました。

続いて、写真はないのですが、アンダークリアを塗布していきます。
アンダークリアには塗面の足付けしたペーパー目を埋める役目や、メタリックのぼかし塗装時のぼかしぎわのメタリックが立ち過ぎるのをふせぐ役割がございます。

そして、いよいよ塗装です。
パーツも別々に丁寧に塗装していきます。

塗り終わったら最後の仕上げ、丁寧に丁寧に磨いていきます。

レヴォーグ全塗装の仕上がり

クリックで拡大できます。

クリックで拡大できます。

クリックで拡大できます。

クリックで拡大できます。

こちらが仕上がりです。
お客様もとても満足されていました。

H様、これからも愛車を大切になさってください。
この度は、シンフォニーステーションに板金塗装をご依頼頂きありがとうございました。

☆板金塗装のカテゴリーではこちらの記事も人気です☆
2018.03.13 板金塗装事例|全塗装【レクサス|LS600h】

どうしてシンフォニーの板金塗装は人気なの?

当社の強みは職人技と皆様舌を巻かれる板金塗装でございます。
擦り傷や凹み、割れ等からカスタムカー製作まで、なんなりとお申し付けください。

---046-271-6330----

シンフォニーステーションが選ばれる理由


日本の職人技】
板金塗装は損傷個所の見極め、経験と知識、技術に関するノウハウなど、それぞれが幅広く奥深い分野です。機械化できない基礎技術であり仕上がりを左右する、「職人の技」にこだわりを持ち、日々技術の向上に努めています。

新車を遥かに凌ぐ仕上がり】
自動車産業の発展と共に進化し続けるボディーカラーに対応すべく、常により高度な塗膜品質を追求しております。ハード・ソフト両面のシステムを含め、お客様により一層ご満足頂けるサービスをご提供いたします。

迅速・高品質・低価格】
当社での板金塗装では、お客様のご要望に応じリーズナブルな価格でのサービス提供が可能です。
日本全国から適合中古パーツを探し、全力でお客様ご希望の金額に合うよう調整、設立から浅い会社ではありますが、担当社員はこの道で生きてきたプロです。

各項目の詳細やその他の人気の秘訣は下記のページに記載してあります。(クリックしていきなりお問合せ、ということはございませんので、ご安心ください。)

人気の秘訣を詳しく見てみる

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。