カスタムカー|バンパー加工・バッドフェイス・ダクト等【スズキ|ワゴンR】

Pocket

神奈川県にお住まいのN様より、ワゴンRのカスタムをご依頼くださいました。
車種はスズキ(SUZUKI)のワゴンRです。

カスタムご依頼の経緯

誤ってトラックのリヤバンパーに追突しまったお車の修理事例です。
損傷が軽微だった為、自費での修理となりました。

こちらがカスタム前の状態です。

今回はこちらに

  • フロントバンパー加工
  • インタークーラー取り付け(ダミー)
  • フロントのフィン加工
  • リアバンパー加工
  • ボンネットダクト加工
  • バッドフェイス
  • サイドフラップ作成
  • フラップ立ち上がりワゴンRの形に
  • エアサスタンク・エアブラシ
  • オールペン・鏡面仕上げ

を施していきます。

作業の流れ

では作業内容を細かく見ていきましょう。

まずはこちらがビフォーのお写真です。

 

デイライト加工取り付け

3のフィンの真ん中を取り外し、そこにデイライトを追加しました。
自然に埋め込むためにフォグ横を切り取りました。

下のお写真を左右の違いをご確認いただけます。

インタークーラー(ダミー)の取り付けイメージもこの時点で確認しました。
インタークーラーを取り付けることによってスポーティーさがアップしています。

この時点でのヘッドライトのマスキングテープはバッドフェイスのイメージを確認するためのものです。

フロントグリルのフィン加工

グリンのフィンの本数を6本から4本へ変更しました。

ボンネット加工(ダクト部分)

ボンネットに切り込みを入れ、落とし込み、ワンオフでダクトを作成しました。

切り込みを入れた状態のお写真です。

表面と切込み部分を整えるためにパテで成形していきます。

続いて中央部も同じように作成していきます。

サフェーサーを吹き、バランスを確認し、下地を作っておきます。

続いてサイドフラップの作成です。

サイドフラップ作成

FRPで板を作り、フラップをワンオフで形成します。

サイドフラップの立ち上がり部分もワンオフでオリジナル形成です。
こちらはワゴンRのシルエットをイメージして作成しました。

フロントアンダーフラップの作成

こちらもサイドフラップと同じようにFRPでオリジナル形成です。

バッドフェイス作成

 

続いてバッドフェイスの作成です。
パテの成形後のお写真しかございませんが、当店ではバッドフェイスをFRPで作成しています。
角度にはこだわり、お客様と綿密に打ち合わせし、形を整えました。

ここまでの状態での完成イメージ図です。
ここで一旦お客様にご確認いただき、ご了承いただいてから次へ進めていきます。

リアバンパーの既成パーツ取り外し

既成パーツについていたダクトを取り外しすっきりした印象に。代わりにサイド部分にダクトを追加、下部にフラップを追加しました。

全塗装(オールペン)鏡面加工

アウディのLZ7Sというカラーコードのデイトナグレーというお色です。

塗装後は鏡面加工に仕上げていきます。

こちらが全体像です。

エアサスタンクのエアブラシペイント

最後にエアサスタンクもエアブラシで仕上げていきます。

こちらがタンクのビフォーのお写真です。

テンプレートを作成して、模様を作りました。
色はマジョーラカラーで見る角度で色が変わる仕様です。

仕上がり

N様、これからも愛車を大切になさってください。
この度は、シンフォニーステーションにカスタムカーのご依頼を頂きありがとうございました。

どうしてシンフォニーの板金塗装が人気なのか

当社の強みは職人技と皆様舌を巻かれる板金塗装でございます。
擦り傷や凹み、割れ等からカスタムカー製作まで、なんなりとお申し付けください。

---046-271-6330----

シンフォニーステーションが選ばれる理由


日本の職人技】
板金塗装は損傷個所の見極め、経験と知識、技術に関するノウハウなど、それぞれが幅広く奥深い分野です。機械化できない基礎技術であり仕上がりを左右する、「職人の技」にこだわりを持ち、日々技術の向上に努めています。

新車を遥かに凌ぐ仕上がり】
自動車産業の発展と共に進化し続けるボディーカラーに対応すべく、常により高度な塗膜品質を追求しております。ハード・ソフト両面のシステムを含め、お客様により一層ご満足頂けるサービスをご提供いたします。

迅速・高品質・低価格】
当社での板金塗装では、お客様のご要望に応じリーズナブルな価格でのサービス提供が可能です。
日本全国から適合中古パーツを探し、全力でお客様ご希望の金額に合うよう調整、設立から浅い会社ではありますが、担当社員はこの道で生きてきたプロです。

各項目の詳細やその他の人気の秘訣は下記のページに記載してあります。(クリックしていきなりお問合せ、ということはございませんので、ご安心ください。)

お見積り・ご相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。